ネイリスト向け就職先の選び方!自分に合うネイルサロンが見つかる7つのチェックポイント

「ネイルサロンに就職したいけど、たくさんあって選べない!どんな基準で選んだらいい?」

「ネイルサロンの就職面接で気を付けるポイントは?面接では何を聞かれるの?」

 

これからネイルサロンで初めて働く方はもちろん、転職する方も就職先選びに失敗せず自分に合ったところで働きたいですよね。

 

そこで今回は、就職・転職者に向けてネイルサロンの選び方をわかりやすく解説します。

面接時の注意点についてもお伝えするので、これから面接予定がある人は必見です。

ぜひこの記事を参考に、自分に合う就職先のネイルサロンを上手に探してみましょう!

 

ネイリストへの転職は他業種や未経験からでもできる?デメリットや転職方法・仕事のやりがいを解説

 

就職先のネイルサロンを選ぶ前に

パソコンの前で考える女性

就職先のネイルサロンを選ぶ前に、まずは自分が求めていること目標を明確にさせましょう。

例えば、以下のように理想の条件をまとめてみてください。

  • 高時給
  • 福利厚生が充実している
  • 希望休が取りやすい
  • 研修制度がある
  • 通勤は1時間以内
  • アートが売りのネイルサロン
  • ジェルだけでなくスカルプチュアの取り扱いもある

 

働きたい環境や将来的にどうなりたいのかを考えることで、自分に合ったネイルサロンを見つやすくなります。

ネイルサロン選びにおいて、ストレスなく快適に働けるかどうかも重要です。

将来的なキャリアや働き方を考え、就職先のネイルサロンは慎重に選びましょう。

 

ネイリストは何歳まで働ける?年齢層や世代ごとの働き方とは

 

就職で失敗しない!ネイルサロンの選び方〜7つのチェックポイント〜

施術をするネイリスト

ネイルサロンの就職で失敗しないために、以下の7つのチェックポイントを確認してみましょう。

 

  1. お店の雰囲気は自分に合っているか
  2. 福利厚生は充実しているか
  3. 自宅から通いやすいか
  4. 給与に満足しているか
  5. 休暇が取りやすいか
  6. 成長できそうなキャリアサポートがあるか
  7. お客様からの口コミ・評判は問題ないか

 

それぞれ上から順に解説します。

 

1.お店の雰囲気は自分に合っている?

就職で失敗しないためには、自分に合った雰囲気のお店(ネイルサロン)を選びましょう。

 

給与面が良かったり通勤しやすかったりしても、お店の雰囲気が合わないと長く働くのは苦痛です。

就職を検討する前にホームページやSNSを確認したり、サロン見学に訪れたりすることで実際に働く際のイメージがしやすいでしょう。

 

また、スタッフが長く働いているネイルサロンは、人間関係が安定している場合がほとんどです。

コミュニケーションが円滑なサロンは、悩みや意見をシェアしやすいため困難な状況も乗り越えて協力しながら働けます。

そのため、スタッフの勤続年数を聞いてみるのも働きやすい就職先を選ぶ上で重要な手掛かりになるでしょう。

 

サロンワークとは?ネイリストの仕事内容と1日の流れ・スキルアップ方法を紹介◎

 

2.福利厚生は充実している?

気になるネイリストの求人を見つけたら、福利厚生待遇面を必ず確認しましょう。

大手ネイルサロンだと福利厚生の充実度をアピールする求人も多く、安定して長く働きやすい環境が整っています。

 

福利厚生の充実度は、雇用形態によっても大きく異なります。

正社員の場合だと、「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」「労災保険」の加入が義務付けられています。

パートやアルバイトで働く場合は、勤務日数や勤務時間によって適用されないケースもあるでしょう。

 

福利厚生の詳細は、求人内容に掲載されていない場合もあるため面接時に直接確認することをおすすめします。

 

ネイリストは離職率が高い?早死って本当?辞めた理由と長く続けるコツ

 

3.自宅から通いやすい?

自宅から通いやすいネイルサロンを選ぶことで、仕事とプライベートのバランスが取りやすくなります。

 

ネイリストはお客様と会話をしながら、長時間同じ姿勢で細かい作業を行います。

体力や気力が消耗されるため、自宅と職場を行き来するだけで疲弊してしまうネイリストも少なくありません。

 

負担なく働き続けるためにも「通勤時間は往復1時間以内」「乗り換え回数は2回まで」など、交通アクセスや通勤時間を考慮しながら就職先のネイルサロンを選ぶとよいでしょう。

 

4.給与に満足している?

雰囲気が自分に合っているネイルサロンに就職しても、給与に満足できないと長く勤めるのは困難です。

 

ネイリストの平均年収は約300万円です。

ネイリスト経験者と未経験者、雇用形態や地域でも異なりますが、平均年収を大幅に下回るネイルサロンはおすすめできません。

 

就職後に「失敗した」と後悔しないよう、自分が満足できる給与のボーダーラインを設定しておきましょう。

 

ネイリストの平均月収や年収はどのくらい?収入を上げる5つの方法も解説

 

5.休暇は取りやすい?

ネイルサロンで快適に働くために、適切な休暇が取れるか確認しましょう。

  • 土日祝日の休み希望OK
  • 連休取得可能
  • 有休消化実績100% など

 

スタッフの在籍人数が多いネイルサロンは、比較的休暇が取りやすい傾向です。

 

体制が整っておらず少ない在籍人数のネイルサロンは「有休が使えなかった」「何日も連続で出勤させられた」といった不満もあるといいます。

体調が崩れやすくなったり、精神的に疲弊しやすくなったりするため、しっかりと休暇が取れるか就職前に必ずチェックしましょう。

 

6.成長できそうなキャリアサポートはある?

ネイルサロンに就職する際は、キャリアサポートがあるかチェックしましょう。

定期的な研修トレーニングがあると、ネイリストとしてのキャリアアップに繋がります。

 

ネイル業界は最新技術やトレンドアートなどが次々と登場するため常に勉強し続けなければなりません。

ネイルサロンによっては、定期的に練習会を開催したり資格取得やセミナーの受講費用を負担してくれたりする場合もあります。

 

キャリアサポートが手厚いネイルサロンは、ネイリスト全体のモチベーションも高く成長しやすい環境です。

互いに切磋琢磨し合いながら新しい技術や知識を身につけることで、ネイリストとしてさらなる成長を目指せるでしょう。

 

7.お客様からの口コミ・評判は問題ない?

お客様からの口コミや評判は、ネイルサロンの就職先選びにも役立ちます。

なぜなら口コミは、お客様から見たネイルサロンの環境スタッフの雰囲気がわかる貴重な情報だからです。

 

口コミは、予約経路サイトやGoogleマップなどで確認できます。

ただし全ての口コミが正しい情報とは限らないため、複数のサイトをチェックするとよいでしょう。

 

【体験談あり】就職サポートが万全のネイルスクール|ネイルスクールシンシアの口コミ・評判

 

ネイルサロンの就職面接で聞かれること

書類を持つ女性

ネイルサロンの就職面接で必ず聞かれることは、志望動機です。

「なぜこのネイルサロンを選んだか」「どうしてネイリストを目指そうと思ったか」これらの質問は、すぐに回答できるよう事前に考えておきましょう。

 

以下の内容を参考に、なぜこのネイルサロンを選んだか考えてみましょう。

  • サロンのコンセプトに共感した
  • ネイルサロンを一度利用したことがあり、接客対応や技術力が素晴らしかった など

 

他のネイルサロンにはない「よいと思った点」を簡潔に伝えられるようにすることが大切です。

 

続いて、あなたがネイリストを目指そうと思った理由について考えてみましょう。

  • 友人にネイルしてあげたら喜ばれた
  • 細かい作業や絵を描くのが得意 など

 

雇用側は、あなたの仕事に対する姿勢や熱意を確認したいと考えているため、ネイルにまつわるエピソードを用意しておくとよいでしょう。

 

転職の場合は、退職理由を聞かれる可能性が高いです。

転職理由を話す際はネガティブな内容にならないよう、ポジティブなエピソードを伝えることが大切です。

 

事前にいくつか質問内容を想定し、面接当日までにスムーズに答えられるように対策しておきましょう。

 

ネイルサロンの就職・面接時の注意点

面接している女性

ネイルサロンの就職面接を受ける際は、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

 

華やかに見えるネイルサロンですが、面接時にジーンズ・Tシャツ・足元はサンダルなど、あまりにもラフすぎる格好はマイナスな印象を与えてしまいます。

正社員、アルバイト問わず、清潔感を重視した服装を意識しましょう。

 

さらに、ネイルサロンの就職面接は自身のネイルも綺麗に整えておくのが理想的です。

「ネイルが伸びすぎている」「1本欠けている」といったことがないように注意してください。

 

就職面接を受けるネイルサロンの雰囲気やコンセプトに合わせたネイルデザインだと、採用担当者によい印象を与えられるでしょう。

 

ネイルサロン就職・選び方に関するよくある質問

Q&A

ネイルサロン就職・選び方に関するよくある質問について回答します。

 

ネイルサロンのホワイト企業はどうやって見極める?

求人情報でホワイト企業かどうか見極めるには、以下の点をチェックしましょう。

  • 福利厚生が充実している
  • 適切な勤務時間や休日が設けられている
  • スキルアップの機会がある

 

ホワイト企業は、福利厚生が充実しているケースが多く、安心して働ける環境が整っています。

ネイルサロンで勤務する場合の理想的な福利厚生は、「社会保険の加入」交通費支給」資格手当補助」などです。

 

また、求人情報に「勤務時間」「休日」「残業の有無」など働き方について具体的に記載されているか確認することも大切です。

 

そのほかにも、ネイル業界は常にトレンドが更新されるため常に最新技術を習得しなければなりません。

そのため、スキルアップに繋がるサポート体制が整っているかチェックしましょう。

 

フリーランスネイリストは儲かる?メリットや必要な資格を紹介

 

ネイルサロンの就職は未経験だと難しい?

未経験でもネイルサロンに就職することは可能です。

 

未経験の場合は、パートやアルバイトで募集しているネイルサロンが多いです。

最初は先輩スタッフのアシスタントとして学びながら働き、少しずつ一人前のネイリストとしてお客様に施術できるように目指します。

 

まずは希望条件に合うネイルサロンがあるか探してみましょう。

 

ネイルサロンは資格なしでも開業できる?未経験から独立する方法や知っておきたいポイントを紹介◎

 

ネイルサロンの就活におすすめな時期はいつ?

ネイルサロンの就活におすすめな時期は、9月、10月、11月、2月です。

 

7〜8月、12〜1月はネイルサロンの繁忙期なので、面接の時間を作れない場合があります。

そのため、なるべく繁忙期は避けて就活を行うとよいでしょう。

 

また未経験者や経験者によっても、就活におすすめの時期が異なります。

未経験の場合は、繁忙期に入社しても研修や教育に手が回らないため、採用が見送られる可能性があります。

一方、すぐに施術に入れる経験者の場合は即戦力となるため、繁忙期が始まる少し前の時期だと採用されやすいでしょう。

 

ネイルサロンの就職も安心!ネイルスクールシンシアは就活サポートが万全

ネイルをする女性

ネイルサロンの就職選びに失敗せず、長く働くためには自分に合ったネイルサロンを見極めることが重要です。

仕事内容や労働条件など、細かい部分まで見落とさずチェックする必要があります。

 

ネイルスクールシンシアは、ネイリスト向けの就職サポートに力を入れているため、自分に合った就職先のネイルサロンが見つかりやすい環境です。

さらに、就職後も役立つネイルの知識や技術を惜しみなくお伝えしているので、未経験でも即戦力として活躍できる力が身につきます。

憧れのネイリストを目指したい方は、まずはネイルスクールシンシアの体験入学をぜひ一度ご利用ください!

 

【体験談あり】おすすめのネイルスクール|ネイルスクールシンシアの口コミ・評判

社会人が働きながらネイルスクールに通える?仕事しながら学校に通う方法と東京のおすすめネイルスクールの選び方◎

 

スクール見学のお申し込みはこちら

    スクール見学申込 来校オンライン
    お名前
    メールアドレス
    お電話番号
    ネイルスクールでの目標
    当校を知ったきっかけ
    見学希望日 第一希望
    日付
    時間帯
    見学希望日 第二希望
    日付
    時間帯
    通学予定の校舎
    ご質問