【アドバイスと解説付き】ジェルネイル検定上級~実技手順詳細~

この記事はジェルネイル検定上級合格のポイント[まとめ]の続きです。

7.1ジェルネイル検定上級 実技試験手順詳細【85分】

ジェルネイル検定上級の実技試験は左右合計5本に長さ出しを行ないます。

以下が各技術の重要なチェックポイントです!

・施術の5本にバブルなどがなく、Cカーブ、厚み、長さなどが揃っていて統一感があるか
・表面に凹凸がなく、ハイポイントもきちんと出せているか
・アートはテーマに合っているか
・ジェルフレンチは、色ムラがなくスマイルラインが鮮明か  など

◆手指消毒 


コットンに消毒液を含ませ、自身の両方の手のひら、手の甲、指間、指先までしっかりと拭き取ります(擦式清拭消毒)。

次に、新しいコットンに消毒液を含ませ、モデルの両手も同様に拭き取ります。

擦式清拭消毒とは
消毒用エタノールなどの消毒剤をコットンまたはガーゼに十分含ませ、手指の全体面と指間、爪先にいたるまで汚れを除去しながら消毒剤を浸透させることです。手に直接噴霧(スプレー)する事は禁止されています。ただし落とした物を消毒する場合など、擦式消毒を行なえない場合は、試験会場という限られた場所での対応として噴霧(スプレー)しても構いません。

<<時短ポイント>>

手指消毒はできるだけ時短を計りたい工程です。

だた適当にやってはいけません。

モデルさんに事前にどのような順番で拭いてどのように手を動かしてもらいたいかなどをきちんと伝えておきましょう。

そうすることでかなりスムーズになります。

 <<ワンポイントアドバイス!>>

コットンを容器に入れる際は、1枚1枚交互に重ねて入れておくと、取る時に1枚ずつ取れるのでとても便利です。

スムーズに動作できることで、時間にも余裕ができストレスなく試験を受けることができます。

 

◆プレパレーション


施術の指5本に、スポンジバフでネイルプレートの表面をサンディングします。

キューティクル側もキワまできちんとサンディングしましょう。

サンディングが終わったら、ダストブラシでダストオフします。

ネイルプレートの裏もダストがないことを確認しましょう。

※以下の手順は一例となります。
実技工程の手順は自由です。

◆水分油分除去

5本のネイルプレートの表面をクレンザーを含ませたワイプでふき取り、水分油分除去を行ないます。

◆チップ貼り


右手薬指、左手中指、左手薬指の3本にチップを貼ります。
チップは事前にモデル爪に合わせて準備しておきます。

グルーをチップに塗布し、空気が入らないように注意しながら、指に対して真っ直ぐチップを貼りつけます。

グルーが多すぎると、貼付時に漏れてコンタクトゾーン(ネイルプレートとチップが重なる箇所)が美しく仕上がらないので、適量を塗れるようにしましょう。

また、チップは横から見てネイルプレートに対して上がりすぎていても、下がりすぎていても良くありません。
爪なりに自然見える位置で貼りつけます。

まっすぐにチップが貼れたら、ネイルプレートとチップの境目にブラシタイプのアクティベーターを塗布してしっかり硬化させます。

◆チップ削り


チップがしっかり貼れたことを確認後、チップカッターまたはアクリルニッパーで先端の長さをカットします。

最終的に5~10ミリの長さで仕上げるため、この時点ではやや長めにカットしましょう。

次に、アウトラインをウォッシャブルファイル(180G程度)で整えます。

先端、サイドラインをまっすぐ整えます。

サイドストレートはこのタイミングでは軽く削る程度にしておきます。(エクステンションジェルを塗布後にきちんと削るため)

事前に薄く仕込んだチップを貼っても、まだチップの厚みが気になるようならその段差を削ります。

その際、地爪ではなくチップ部分だけを削るようにします。

チップの裏にバリがあるようなら、スポンジバフで丁寧にオフします。

バリが残っていると、ジェルが流れてしまい美しい仕上がりにならないのでこれは必ずチェックしましょう。

チップを貼った3本の長さが揃っていることを確認して、ダストオフします。

◆水分油分除去


チップを貼った3本の爪の地爪箇所にプレプライマーを塗布し、水分油分除去を行ないます。

◆右手薬指:フラワーアート

ベースジェルを塗って一度硬化した後、ベースカラーを塗布します。

ベースカラーに、ラメ入りのクリアなジェルを選びます。

そのジェルを、チップを貼ったコンタクトゾーンを隠せるあたりから、ラメがグラデーションになるようにジェルを薄く塗布し、ライトに入れて硬化します。

◆左手中指:アプリケーション

まず、ネイルプレートの根元からチップを貼付した先端まで、全体に薄く長さ出しができる専用のビルダージェルを塗布します。

ここで薄くビルダージェルを先に塗布することでこれがガイドラインとなり、この後のビルダ-ジェルがレベリングしやすくなります。

次に、ネイルプレートを横から見てハイポイントの位置を確認します。

ブラシにやや多めにビルダージェルをとり、キューティクル際から先端に向かって、ネイルプレートの中央に縦に1本の線になるようにビルダージェルを垂らしていきます。

ハイポイントの位置で一度ブラシを留めて、やや多めにジェルを垂らすとハイポイントに高さが出て美しいフォルムになります。

ジェルがレベリングするのを待ち、凸凹があるようならブラシの角でジェル表面を軽い力で触り整えます。

再度横から見て、ハイポイントがきちんと作れていることを確認して仮硬化します。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)

ハイポイントが足りない場合は、仮硬化前に一度ビルダージェルを足して、きんとハイポイントを作ってから仮硬化しましょう。

 ※最適な仮硬化時間は、ライトのメーカーにもよりますのでご自身で最適な時間を調整します。

◆左手中指:ピンチ

仮硬化した指をライトから出し、モデルのネイルプレートのストレスポイント付近を自身の親指外側で内側に押し込み(ピンチング)、ネイルプレートの幅をシャープに整え、即硬化します。(本硬化)
チップオーバーレイは、チップの硬さもありピンチが戻りやすくなるため、ネイルプレートの幅よりも細目にしっかり入れると美しいフォルムになります。

◆右手薬指:フラワーアート

マーブルで2色の薔薇のアートを作成します。
まず、1色目を丸く(正円にはせず、あえて崩して)描き、次に2色目も同じように適当な丸さで描きます。
そのまま、細筆に白ジェルをとり、丸くのせたカラージェルの中に渦巻きを描くようにジェルを乗せていきます。これで薔薇アートになります。
1色目のジェルが細筆に付着しているので、一度細筆を拭き取り、再度白ジェルを取り2色目のカラージェルにも白ジェルをのせていきましょう。
きちんと描こうとせず、あえて“適当”に描くことがポイントです!
2色の薔薇が完成したら硬化します。

時間が経つと、せっかく作ったマーブルが混ざりすぎてしまうので素早く描くことを心掛けましょう。

◆左手薬指:アプリケーション

中指同様にビルダージェルを全体に塗布し、その後やや多めにビルダージェルでネイルプレート全体を覆い形を作ります。

必ず横から見て、ハイポイントがきちんと作れていることを確認して仮硬化します。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)

◆左手薬指:ピンチ
仮硬化した指をライトから出し、モデルのネイルプレートのストレスポイント付近を自身の親指外側で内側に押し込み(ピンチング)、ネイルプレートの幅をシャープに整え、即硬化します。(本硬化)
この指は、フレンチルックになるため膨張して見えがちです。
意識的にピンチはネイルプレートの幅よりも細目にしっかり入れます。
◆右手薬指:フラワーアート
葉っぱをバランスよく描きます。
さらに空いているスーペースにホログラムなどいれるとアートがより華やかになるのでオススメです。

まとめて硬化します。

◆左手削り


左手2本の未硬化ジェルをワイプにジェルクリーナーを染み込ませふき取ります。
次に、長さを出したビルダージェル部分を180Gのウォッシャブルファイルで整えていきます。
まず先端をおおまかに削り、サイドライン、サイドストレートを整えたら、表面のボコボコしているところを中心に軽い力で整えます。

ハイポイントを削りすぎないように注意しましょう。

全体的に凸凹がなめらかになったら、先端をスクエアオフにし、スポンジバフをネイルプレートの表面全体に軽くかけてさらになめらかにしましょう。

バリがあるようなら、モデルの手を返し、取り去ります。
最後にダストブラシでダストを綺麗にオフします。
左手を削っている間、右手にダストがつかないようにモデルに細心の注意を払ってもらうようお願いしましょう。
◆右手薬指:アプリケーション

左手同様、ビルダージェルを全体に塗布し、その後やや多めにビルダージェルでネイルプレートの全体を覆い形を作ります。
必ず横から見て、ハイポイントがきちんと作れていることを確認して仮硬化します。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)
ホログラムなどが全てきちんと埋め込まれているのか確認しましょう。
また、この後の削りでフラワーアートを削ってしまわないように、ビルダージェルの薄い部分がないように十分注意しましょう。
◆右手薬指:ピンチ

仮硬化した指をライトから出し、モデルのネイルプレートのストレスポイント付近を自身の親指外側で内側に押し込み(ピンチング)、爪幅をシャープに整え即硬化します。(本硬化)
◆左手薬指:フレンチルックベースカラー

ベースを塗布し硬化した後、モデルの肌色に近い地爪が透けないナチュラルスキンカラージェル(指定商品から選ぶ)を塗布します。
1回塗りでネイルプレートが透けないジェルを選びましょう。
ムラなく塗布できたら硬化します。
◆右手中指:フォーム装着
事前にモデルのネイルプレートに合わせて準備してあるフォームに再度Cカーブスティックを使い、カーブをしっかりつけたら、モデル中指に真っすぐはめていきます。
横からも確認をして下がりすぎず上がりすぎず、ネイルプレートのカーブに沿って付けるのが理想的です。

またフォームを装着した際、先端から形を確認する時に、左右対称の雫形になっていると綺麗に仕上がります。

◆右手中指:ジェルイクステンション ビルダージェル塗布①


ビルダージェルを使用し長さを出していきます。
作りたい長さを考え、完成時のハイポイントになる位置あたりから、フォーム上の長さを出したいところまで薄くビルダージェルを塗布します。
ここで薄くビルダージェルを先に塗布することでこれがガイドラインとなり、この後のビルダ-ジェルがレベリングしやすくなります。
次に、ブラシにやや多めにビルダージェルを取り、フォーム上の長さを出したい箇所に塗布します。
モデルのネイルプレートの厚さと同じ程度の厚さにします。
ストレスポイント付近の塗り漏れが多いのでしっかり塗布しましょう。
フォーム上のジェルの形が綺麗に整ったら仮硬化をします。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)
※最適な仮硬化時間は、ライトのメーカーにもよりますのでご自身で最適な時間を調整します。

◆左手薬指:フレンチルック フレンチ①

fホワイトカラー(指定商品)をブラシに取り、エッジにカラーを塗布後フレンチラインを描きます。
正面、横から見て先端にジェルが溜まっていないことを確認後、モデルの手を返し、左右のラインに歪みがないか確認して硬化します。
◆右手中指:ジェルイクステンション ビルダージェル塗布②
右手中指が仮硬化の状態で、キューティクル側から爪全体にビルダージェルを塗布します。
次に、横から見てハイポイントの位置を確認します。
ブラシにやや多めにビルダージェルをとり、キューティクル側から先端まで、爪の縦の中心にビルダージェルを垂らしていきます。
ハイポイントの位置で一度ブラシを留めて、やや多めにジェルを垂らすとハイポイントに高さが出て美しいフォルムになります。
ジェルがレベリングするのを待ち、凸凹があるようならブラシの角でジェル表面を軽い力で触り整えます。
再度横から見て、ハイポイントがきちんと作れていることを確認して仮硬化します。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)
ハイポイントが足りない場合は、仮硬化前に一度ビルダージェルを足して、きんとハイポイントを作ってから仮硬化しましょう。
◆右手中指:ジェルピンチ②


仮硬化した指をライトから出し、ここでフォームを外し、モデルのネイルプレートのストレスポイント付近を自身の親指外側で内側に押し込み(ピンチング)、爪幅をシャープに整え即硬化します。(本硬化)

◆左手薬指:フレンチルック フレンチ②

フレンチライン2回目を塗ります。

1回目よりやや多めにジェルを取り、1回目で作ったラインのムラやラインのガタつきを修正するように塗布します。

こちらもかならずモデル手を返し、左右のラインに歪みがないか確認して硬化します。


◆右手人差し指:フォーム装着

右手中指同様、人差し指にフォームを装着します。

指に対してまっすぐになるようしっかり確認しましょう。

◆右手人差し指:ジェルイクステンション ビルダージェル塗布①


中指同様、ビルダージェルをハイポイントになる位置あたりからフォーム上の長さを出したいところまで薄く塗布し、
次に、フォーム上の長さを出したい箇所にネイルプレートの厚さ程度を塗布し仮硬化をします。
(UV 20秒程度、LED 5秒程度)

◆左手トップジェル

左手2本にトップジェルを塗布し、硬化します。

◆右手人差し指:ジェルイクステンション ビルダージェル塗布②

中指同様に、右手人差し指が仮硬化の状態で、ネイルプレート全体にビルダージェルを塗布したら、やや多めのビルダージェルで形を作っていきます。
きちんと横から確認してハイポイントに高さを出しましょう。

ハイポイントがきちんと作れていることを確認して仮硬化します。(UV 20秒程度、LED 5秒程度)

◆右手人差し指:ジェルピンチ②


仮硬化した指をライトから出しフォームを外したら、モデルのネイルプレートのストレスポイント付近を自身の親指外側で内側に押し込み(ピンチング)、
ネイルプレートの幅をシャープに整え、即硬化します。(本硬化)
◆右手削り
右手3本の未硬化ジェルをワイプにジェルクリーナーを染み込ませふき取ります。
次に、長さを出したビルダージェル部分を180Gのウォッシャブルファイルで整えていきます。
まずジェルクリアスカルプチュアの2本の先端を整え、左右5本の長さを揃えた後、サイドライン、サイドストレートを整えます。
次に表面を削って整えます。
ハイポイントを削りすぎないように注意しましょう。
特に、フラワーアートを施している薬指は削りすぎると、アートまで削ってしまうのでとにかく軽い力を心掛けます。
全体的に凸凹がなめらかになったら、先端をスクエアオフにし、スポンジバフをネイルプレート表面全体に軽くかけてさらになめらかにしましょう。
バリがあるようなら、モデルの手を返し、取り去ります。最後にダストブラシでダストを綺麗にオフします。
◆右手トップジェル


右手3本にトップジェルを塗布し、硬化します。

◆最終チェック

 
5本全ての未硬化ジェルを、ジェルクリーナーを含ませたコットンで優しく拭き取ります。
最後に全体をチェックします。
長さ、Cカーブの均一さ、全体の統一感など最後にもう一度確認しましょう。
ネイルプレートの裏にダストが残りやすいので、しっかり綺麗にします。アルコールの入っていないウェットティッシュで拭いても良いでしょう。

 

< 確認 >
ジェルネイル技能検定上級には筆記試験がありませんので、審査終了後は片付けをして終了となります。

メニューに戻る

≫ジェルネイル検定上級合格のポイントを徹底解説[まとめ]に戻る

>ジェルネイル検定上級の持ち物リストをチェックしよう◎

 

>ハンドモデルさんの保湿ケアについてはこちら♡

>試験前にやってくる緊張や不安に打ち勝つ方法はこちら♡

ホームサロン開業はCin-Cia Nail Academy

通しデモや動画レッスンなど多くのサポートで検定試験合格に導きます
詳細はこちら>

※上記すべての内容は一例であり、余儀なく変更する場合があります。試験の詳細は必ず最新の要項をご確認ください。また、試験はご自身の責任においてご受験ください。当サイト記載内容に関して、合否の責任は一切負い兼ねます。