ジェルネイルをした爪が割れた!自宅でできるセルフ向け対処法

自爪が薄く、強度を持たせるためにジェルネイルをしている人も多いでしょう。

しかし、ジェルネイルをした爪でも強い衝撃を受けると亀裂が入ったり、割れたりすることもあります。

 

今回ご紹介するジェルネイルをした爪が割れたときの対処法をチェックして、自分でリペアに挑戦しましょう。

 

ジェルネイルで爪が割れた【今すぐできる対処法】

爪切りで長さを整える手元

ジェルネイルをした爪は硬く、割れた部分は尖って危険です。

ケガや雑菌繁殖などの二次災害を防ぐため、すぐにできる対処法を把握しておきましょう。

 

ジェルネイルを体系的に学べるシンシアネイルスクールの見学はこちら

 

割れた部分を爪切りでカット

硬く凸凹した爪先は、爪切りでカットしてラウンド状に整えましょう。

 

ジェルネイルを施した分厚い爪は、一度に広い範囲をカットしてはなりません

深爪する恐れがあるため、少しずつ丁寧にカットしてください。

 

さらに爪への負担を軽減するには、エメリーボードの使用がおすすめです。

 

絆創膏で爪全体をカバー

外出先でジェルネイルが割れてしまった際は、応急処置として絆創膏で爪全体をカバーしましょう。

 

尖った爪先を覆うことでケガのリスクを低減するほか、傷口からの雑菌繁殖を防ぐ役割も果たします。

 

絆創膏で一日過ごし、自宅に帰ったら爪切りやベースコートで処置してください。

 

ベースコートで保護

爪が折れてネイルが剥がれてしまったら、ベースコートで爪を補強しましょう。

 

ジェルネイルを施していない爪は薄く、伸ばしている途中で割れてしまうことも多々あります。

ネイルサロンに行くまでの間や自分でジェルネイルを施すまでは、ベースコートで自爪を保護してください。

 

ネイルリペアとは?ジェルネイルが折れた時の対処法や自爪の亀裂補強について解説!

 

ジェルネイルをつけているのに爪が割れるのはなぜ?

スクエアネイルをカットする女性の手元

「そもそも補強のためにジェルネイルをしているのに、なぜ割れてしまうの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

こちらでは、ジェルネイルが割れる主な5つの要因を解説します。

 

自爪を伸ばしすぎている

爪のピンク色の部分(ネイルベッド)と白色の部分(フリーエッジ)の境目はストレスポイントと呼ばれ、亀裂が入りやすい部分です。

 

長く伸ばした爪でものを開けようとしたり、重いものを引っ掛けたりすると、ストレスポイントからぱっくり割れてしまいます。

たとえジェルネイルをしていても、爪は長いほど折れやすいことは把握しておきましょう。

 

自爪に対して負担のかかる装飾品をつけている

ビジューやパーツを多くつけたネイルは、フラットなネイルよりも割れやすい傾向にあります。

 

特に、フレンチラインにビジューを並べたネイルや、爪先に重いパーツをつけたネイルは要注意です。

厚みに差がある部分から折れ、深爪してしまうこともあるでしょう。

 

爪の形を細くしすぎている

爪の形状は先が細く長くなるほど強度が下がります

 

ポイントネイルやオーバルネイルは上品な見た目ではありますが、ベーシックなラウンド型に比べると割れやすい形状です。

爪に強度を求める人は、ラウンド型のほか、スクエア型やスクエアオフ型がおすすめです。

 

ジェルネイルのコーティングが薄い

近年は薄めのネイルがトレンドですが、コーティングが薄すぎると期待したほどの強度は得られません。

 

ジェルネイルで爪に強度を与えるには、ある程度の厚み出しが必要です。

セルフジェルネイルを行う際は爪の中央にやや厚みを持たせ、野暮ったさのない強度の高いネイルに仕上げましょう。

 

ジェルネイルの付け替え時期を守っていない

付け替えの適正期間である3〜4週間を超えてジェルネイルを放置することはとても危険です。

 

固いジェルが爪先まで伸びた状態で衝撃を受けると、爪が根本付近から折れて大きなダメージを与えます。

付け替え時期にセルフネイルの時間が取れない場合も、オフだけはしておきましょう。

 

自宅で簡単なジェルネイルの落とし方!オフの手順とケア方法を紹介

 

ジェルネイルが割れた場合の治し方【セルフリペア方法】

ラウンド型のナチュラルネイルの手元

完全に折れた爪はスカルプチュアで形成する必要がありますが、爪の一部に亀裂が入った状態は自宅で修復可能です。

日頃からセルフジェルネイルをしている人は、以下の方法でセルフリペアに挑戦しましょう。

 

ジェルネイルを体系的に学べるシンシアネイルスクールの見学はこちら

 

用意するもの

  • シルクラップ
  • ネイルグルー
  • レジン(ベースジェルで代用可)
  • ネイルファイル
  • カラージェル
  • ベースジェル
  • トップジェル

 

ネイルファイルは爪の形状修正用のエメリーボード表面を整えるアクリルファイルとバッファーの3種類があるとよいでしょう。

 

今回はジェルを使用していますが、自爪の亀裂修正のみ行う場合はベースコートやトップコートでの代用も可能です。

爪表面を削るため、使用中のカラージェルも用意してください。

 

1:割れた部分をカットする

亀裂部分に凹凸ができている場合は、つながりが良くなるようにファイルで削りましょう。

 

爪切りでの代用も可能ですが、ガタつきを避けるためにもネイルファイルの使用が望ましいです。

 

2:亀裂箇所にグルーを塗布し乾かす

シルクを貼り付ける前に、グルーを塗布すると亀裂部分とシルクの密着度が高まります。

 

グルーを持っていない場合はベースジェルで代用も可能です。

 

3:シルクを貼り付ける

シルクラップは通常シール状になっており、爪にすぐ貼り付きます。

亀裂部分よりも少し大きめにカットして貼り付け、上からしっかり押さえましょう。

 

グルーをのせる前に、爪からはみ出した部分はカットしてください。

 

4:グルーまたはレジンで厚みを出す

シルクを固定させるために、上からネイルグルーやレジンを乗せます。

繊維の間に染み込ませるよう意識しながら、シルクよりやや広い範囲に塗りましょう

 

クリアジェルでも代用できるため、自分が扱いやすいと感じるものや手持ちのものを使用してください。

 

  • レジン:シルクに浸透しやすいが、乾燥までに時間がかかる。アクティベーターを使うと良い。
  • ネイルグルー:乾燥しやすいが、粘度が高いため扱いにコツが必要。ネイル以外の用途のグルーは使用不可。
  • ベースジェル:ネイルライトですぐに硬化できる。普段からセルフジェルネイルをしている人におすすめ。

 

5:爪の形・表面を整える

グルーやレジンが乾燥したら、厚み出しをした部分が爪に馴染むよう表面の凹凸を整えます。

 

180G程度の目の細かいアクリルファイルで軽く削ってから、スポンジバッファーで滑らかにすることがおすすめです。

 

6:トップジェルでコーティングする

元のネイルカラーを再現したい場合は、ベースジェル・カラージェル・トップジェルの順で塗布と硬化を繰り返しましょう。

 

クリアネイルの場合は、ベースジェルとトップジェルのみで構いません。

 

未硬化ジェルが出る場合はクリーナーをワイプに染み込ませ、しっかり拭き取って仕上げてください。

 

二枚爪の原因は?ボロボロの爪の治し方や爪に良い食べ物を紹介◎

 

ジェルネイルで爪が割れたと焦る前に【日頃のケア】

トップコートを塗るラウンドネイルの女性の手元

爪の亀裂や折れを防ぐためには、日頃のネイルケア習慣が大切です。

以下の3つをチェックして、安全にジェルネイルを楽しみましょう。

 

ジェルネイルを体系的に学べるシンシアネイルスクールの見学はこちら

 

ネイルオイルで保湿する

爪が割れやすくなる原因のひとつが乾燥です。

 

手洗いや食器洗いの後、寝る前など、こまめにネイルオイルを使用して爪周りを保湿しましょう。

ネイルオイルの使用が理想的ですが、手元にない場合はハンドクリームでの代用も可能です。

 

割れにくい爪の形に整える

先端が尖った細長いネイルは爪先の面積が小さく、衝撃が集中して割れやすい形状です。

 

衝撃に強く割れにくい爪にしたい場合は、爪先まで横幅が長い形状に整えましょう。

ラウンド・スクエア・スクエアオフなど、長方形に近い形がおすすめです。

 

ジェルが付いている間は爪切りを使用しない

基本的に、ジェルネイルをした爪には爪切りを使いません

 

爪の長さはジェルネイルを落とした状態で整えるため、長さが気になり始めたらジェルネイル自体を落としてください。

また、そもそも爪切りは爪に負担がかかり、ネイルファイルよりも二枚爪や深爪になる確率が高いアイテムです。

 

ジェルネイルをした爪は自爪よりも厚みがある分、爪にかかる負担も増大します。

あくまでも亀裂や割れの応急処置で使用するものと考えておくと良いでしょう。

 

「ジェルネイル爪が割れたとき」に関するよくある質問

腕に手を添えるナチュラルネイルの手元

こちらでは、ジェルネイル初心者に聞かれるよくある質問にお答えします。

 

割れた爪は何日で治る?

手の爪は1ヶ月で約3mmほど伸びるといわれています。

 

ストレスポイントから横に割れた爪は、1〜2週間ほどでネイルができる状態になるでしょう。

しかし、根本に近い部分から割れてしまった場合は、完治までに時間がかかります。

 

1本だけ短い爪は見た目の悪さが気になりますが、安全面を考慮してフリーエッジが見えるまでジェルネイルは避けましょう。

 

その後、早く見た目を改善したい場合は、スカルプチュアネイルで折れた部分を形成してください。

 

ネイルサロンで補修してもらえる?費用はいくら?

ネイルサロンはカラーリングだけでなく、折れた爪のリペアも行っています。

 

亀裂修正の相場1本あたり500〜1,000円程度長さ出しの相場1本あたり700〜1,500円程度です。

 

サロンによって金額は異なりますが、本数が多いほど費用もかさみます。

少しでも亀裂が入ったら、完全に折れる前にネイリストへ相談しましょう。

 

爪が縦に割れる原因はなに?

爪の縦割れは爪甲縦裂症と呼ばれ、化学物質の反応や爪下にできた腫瘍が原因と言われています。

 

自然治癒する可能性は低いため、症状が出た際はすぐに皮膚科で診断を受けましょう。

 

ジェルネイルが割れた時は焦らず冷静に対処を

指に絆創膏を巻く手元

ジェルネイルが一箇所割れたからといって、焦る必要はありません。

自宅やサロンで修復できるため、まずは冷静に応急処置を施しましょう。

しかし、リペアの強度が低いと、再度同じ部分から亀裂が発生することもあり得ます。

長くジェルネイルを続けていくには、強度を保てる技術力をつけることも大切です。

 

ネイルリペア・スカルプチュアについて学びたい方は、ぜひ一度シンシアネイルアカデミーにお問い合わせください◎

 

東京の口コミと評判の良いおすすめネイルスクールの選び方☆働きながらネイリストの資格に全て一発合格した体験談◎

スクール見学のお申し込みはこちら

    スクール見学申込 来校オンライン
    お名前
    メールアドレス
    お電話番号
    ネイルスクールでの目標
    当校を知ったきっかけ
    見学希望日 第一希望
    日付
    時間帯
    見学希望日 第二希望
    日付
    時間帯
    ご質問