ネイルサロンの平均リピート率って?予約が絶えない人気サロンの作り方

「ネイルサロンの平均リピート率はどのくらい?」

「リピートされる人気サロンになるための方法は?」

 

ネイルサロンの収益を安定させるにはリピーターの獲得が最重要です。

リピート率が悪いと売上が低下し、経営が困難になる恐れもあります。

 

この記事では、ネイルサロンの平均リピート率リピーターを獲得する7つの方法を解説します。

正しいやり方を把握することで、多くのお客様から愛される人気サロンが作れるようになるでしょう。

繰り返し通いたくなるネイルサロンを目指したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

ネイルサロンのリピート率とは?

クエスチョンマーク

ネイルサロンのリピート率とは、再度サロンに来店してくれたお客様の割合を表したものです。

 

お客様は新規客と既存客(リピーター)に分けられ、既存客の割合が高いほど安定した収益が得られます。

ネイルサロンにどれだけの満足度を感じられたかによって、リピート率は大きく影響を受けます。

 

リピート率を求めるための計算方法を以下に記載しました。

 

  • リピート率 = (リピート顧客数 / 総顧客数) × 100

 

この公式に当てはめ定期的に確認し、ネイルサロンの現状のリピート率を導き出しましょう。

 

自宅ネイルサロンの運営の仕方を解説します◎自宅サロンの集客方法はどうするのが正解?価格設定や材料の仕入れ方まで詳しく解説

 

ネイルサロンの平均リピート率

メモ帳とペン

ネイルサロンの平均的なリピート率は、20~60%といわれています。

 

開業年数ごとの理想の数値は以下の通りです。

開業年数 リピート率
1年目 20%
2年目 40%
3年目 60%
4年目 80%

 

1年を迎えるたび20%ずつリピート率を上げていくのが理想といえます。

 

目指すべきは80%といわれており、この数値を超えると安定した高い利益の確保が可能になります。

 

ネイルサロンのリピート率が上がらない理由

頭を抱える女性

ネイルサロンのリピート率の低さは以下のような理由が関係していると考えられるでしょう。

 

  • 新規客のみがお得になる価格設定になっている
  • 満足できる技術やサービスが提供できていない

 

新規様に限定してクーポン割引や特別価格を設けていると、価格を重視した1回きりのお客様が多く集まってしまいます。

リピートすることでお客様になにかしらのメリットがないと「また来店しよう」と思ってもらえないでしょう。

 

また、当然のことですが、技術力やサービス内容に対して不満を感じてしまうとリピートされません。

たとえば「要望通りのネイルに仕上がらなかった」という技術的な問題や、「イスの座り心地が悪かった」「ドリンク提供がなかった」といったサービスや環境的な問題です。

 

リピーターになるメリットがなかったり不快に感じる要素があったりするとリピート率が向上しないと考えられます。

 

指名されるネイリストの特徴7選!今すぐできる指名率アップ方法は?

 

リピート率を向上させる7つの方法

上を向く矢印

ネイルサロンのリピート率を上げるためには、以下の7つの方法を取り入れましょう。

 

  1. 上質なサービス提供
  2. 密度の高いコミュニケーション
  3. きめ細やかな気配り
  4. お客様を飽きさせないデザインバリエーション
  5. お得に感じる仕組み作り
  6. オンライン予約とSNS発信
  7. 口コミ・紹介キャンペーン

 

それぞれ順に解説していきます。

 

1.上質なサービス提供

リピート率向上のための基本であり最も重要な要素となるサービス提供は、お客様のニーズをしっかりと満たせる内容にしましょう。

 

  • 要望通りのネイルに仕上げる高い技術力
  • 清潔で安心できる衛生環境
  • 座り心地のよいイスや整った空調の快適空間

 

技術力、衛生環境、空間などすべてにおいて妥協せず徹底したサービスを提供しましょう。

お客様に高い満足度を与えられるとネイルサロンに魅力を感じてくれます。

 

リピート率向上の核心となるサービス提供には、とことんこだわりましょう。

 

ネイルサロン「コンセプト」の決め方!成功に導く参考例あり

 

2.密度の高いコミュニケーション

丁寧なカウンセリングで要望やニーズを確認しましょう。

お客様への理解度を深めるとネイルサロンに求める欲求がわかり、やるべき施術やサービスが明確になります。

 

施術中は、お客様の距離感やテンションに合わせながら会話で楽しませることも必要です。

しかし、新規客の場合は信頼関係が育まれていないため、デリケートな話や踏み込んだ話は控えるようにしましょう。

中には会話を控えたいお客様もいるため、カウンセリングや予約時点で施術中のやり取りについての質問を記載しておくのもおすすめです。

 

また、アンケートを実施してリアルな声に耳を傾けるのもよいでしょう。

自分では気付かなかったお客様のニーズが見つかる場合もあります。

 

3.きめ細やかな気配り

細やかな気配りは、お客様の満足度を高める要素の1つです。

手間を取らせないスムーズな予約方法や空調の調整、ドリンク提供などネイルサロンを快適に利用できる配慮を随所に取り入れましょう。

 

また、期間内のお直し対応といったアフターケアやホームケアのアドバイスなど施術後のフォローも大切です。

隅々まで行き届いた気配りでお客様の心を満たすことを心がけましょう。

 

自宅ネイルサロンの椅子はどんなものがいい?選び方のポイント

 

4.お客様を飽きさせないデザインバリエーション

デザインバリエーションの豊富さもお客様がリピートしたくなる要素になります。

トレンドデザインや季節のイベントを感じさせるアートなど、「来店するたびワクワクする」と感じさせるメニュー内容を考えましょう。

 

多彩なデザインバリエーションがあれば新鮮な気持ちを届けられ、長期的にネイルサロンに通ってもらうことも可能です。

 

今すぐ簡単!自宅ネイルサロン「メニュー表」の作成手順を解説

 

5.お得に感じる仕組み作り

リピーターとして継続的に通ってもらうには、以下のようなお客様がお得に感じる仕組み作りが効果的です。

 

ポイントカード 5つスタンプを溜めれば次回の施術30%オフ
リピーター割引 施術後に来店予約をしたら次回の施術10%オフ
クーポン配布 来店時に次回使える割引クーポンを配布

 

割引は新規客にしがちなアプローチですが、リピーターを獲得するためにも重要な要素となります。

長く通ってくれるお客様にメリットが大きくなるサービスを提供することで、リピート率の向上が見込めるようになるでしょう。

 

6.オンライン予約とSNS発信

ネイルサロンのリピート率を上げるには、手間がかからない便利なオンライン予約を導入するとよいでしょう。

電話予約は場所やタイミングを選ぶ必要があり、予約のハードルが少々高く感じるものです。

ネットやLINEであれば、好きなタイミングでどこからでも予約が完結するうえ、直接やり取りするコミュニケーションコストを下げられます。

 

また、SNSでネイルサロンの魅力を発信するのもおすすめです。

お客様に施したネイル写真を投稿すれば実績としてアピールできるため、集客にも効果的になります。

 

リピーターであればコメントをくれる可能性もあり、SNSでも交流すれば信頼関係の構築にも役立つでしょう。

 

自宅ネイルサロンは儲からない?失敗しないための改善策とコツ

 

7.口コミ・紹介キャンペーン

口コミや紹介キャンペーンは、新規客の集客だけでなくリピーターの獲得にも繋がります。

他人の評価を参考に来店するお客様はサロンに対してよい印象を持った状態で来てくれるため、満足できる仕上がりになればリピートしてくれる可能性が高い傾向にあります。

 

また、口コミ投稿者や紹介者側に割引クーポンを配布する特典をつければ、積極的に口コミや紹介をしてくれるようになるでしょう。

よい循環が生まれやすいうえ、リピーターの獲得や売上増加にも期待できます。

 

ネイルサロンのリピート率を上げるならネイルスクール!

笑顔の女性

ネイルサロンのリピート率を向上させるためには、スキルは当然ながら細やかな気配りや、お客様目線に立ったサービスの提供重要です。

「ネイルスクールシンシア」では、ネイリストとして必要なスキル習得を叶えながら、リピーター確保に必要なすべての要素を体系的に学ぶ環境が整っています。

開業後の相談や無料セミナーなど長期的なフォローを受けられるため、経営についてに生まれる不安もすぐに解消できますよ。

リピート率の高い人気ネイルサロンへの道を歩んでいきたい方は、万全なサポート体制があるネイルスクールシンシアで学んでみてはいかがでしょうか?

 

【体験談あり】おすすめのネイルスクール|ネイルスクールシンシアの口コミ・評判

JNA認定校ネイルスクールシンシアのネイル資格・通信講座の特徴は?自宅でネイリストを目指す◎

【独学は危険?】趣味でネイルスクールに通ってもよい?!趣味の延長でうまくいけば開業したい人必見

スクール見学のお申し込みはこちら

    スクール見学申込 来校オンライン
    お名前
    メールアドレス
    お電話番号
    ネイルスクールでの目標
    当校を知ったきっかけ
    見学希望日 第一希望
    日付
    時間帯
    見学希望日 第二希望
    日付
    時間帯
    ご質問