ネイリストは何歳まで働ける?年齢層や世代ごとの働き方とは

「ネイリストとして何歳まで働けるの?」

「40代主婦。今からネイリストを目指したいけれど無謀…?」

そのような悩みはありませんか?

今回は、ネイリストと年齢の事情を詳しく解説していきます。

年齢層ごとのおすすめの働き方についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

INDEX
1 ネイリストは何歳まで働ける?
2 サロンワークは年齢が上がるとつらい可能性も
3 ネイリストの年齢層ごとの働き方
4 長く働き続けたい方は福利厚生のあるネイルサロンで働く

ネイリストは何歳まで働ける?

結論からいうと、ネイリストに年齢は関係ありません

やる気と体力さえあれば生涯現役も夢ではないのです!

ただし、現実は上手くいかないこともあるため、ネイリストと年齢についてもう少し詳しく解説していきます。

ネイルサロンの年齢層は10代後半〜30代が多い

ネイルサロンで働くネイリストの年齢層は、10代~30代が多い傾向にあります。

その理由としては、サロン側が技術育成のために若い世代をほしがる傾向にあるからです。

また、ネイリストの第一歩としてサロン勤務の道を選ぶ方が多いため、ネイルサロンはネイルスクール卒業して間もない若い世代が集まりやすいという面もあるかもしれません。

サロン勤務を経て、自宅サロン開業や講師の道へ進む方も多いです。

やる気や体力次第では何歳からでも働ける

ネイルサロンで働くネイリストの年齢層は10代後半〜30代が多いものの、もちろん40代以降のネイリストも活躍しています。

一般的なネイルサロンを利用する年齢層は20~30代が多いのですが、ネイルサロンにもさまざまな種類があり、中高年向けのネイルサロンも存在することをご存じでしょうか。

そのようなサロンでは、やはりネイリストも40代以降の方が中心となって働いています。

また、ネイリストにもパート・独立開業・出張ネイリスト・講師などさまざまな働き方があるため、やる気や働き方次第では何歳からでも働けるのです◎

サロンワークは年齢が上がるとつらい可能性も

ネイリストはいくつになっても働ける職業ですが、年齢を重ねるとサロンワークがつらいと案じる方も多いようです。

具体的にどのようなシーンで「つらい」と感じるのかを解説します。

長時間労働で体力も使う

ネイリストは体力勝負といっても過言ではありません。

人気サロンではひっきりなしにお客様が訪れるため、長時間労働が当たり前となっている可能性があります。

若い頃は何とか長時間労働に耐えられても、年齢を重ねると誰しも体力が落ちるため、きついと感じる日が多くなるかもしれません。

ジムなどで体を鍛えておくと自信がつきますね◎

細かい作業・お客様対応で神経を使う

40代以降になると視力が落ち始めるため、細かい作業がつらいと感じることが増えるかもしれません。

ストーンを乗せる、細かいアートを描くなどの作業は神経を使います。

ネイリストは接客業なので、毎日さまざまなタイプのお客様と接する必要があります。

ネイル技術だけでなくお客様対応にも神経を使うため、余計に疲れてしまう…というのが本音かもしれませんね。

お客様はお話を聞いて頂きたいという方も多いので、質問上手になって上手くお話を引き出せる技術を養うとお客様の満足度も上がりますね◎

ネイルサロンの客層によってはデザインが合わない

ファッションと同じように、ネイルの流行も日々変わっていきます。

自分の世代では良いとされていたネイルが、若い世代には受け入れられない可能性は十分にあります。

若い世代のお客様が多いネイルサロンに勤務していると、ジェネレーションギャップを感じて心身ともに疲弊していく方もいるかもしれません。

常に最新の流行をキャッチし、どんなオーダーにも対応できる柔軟さが必要です。

または、自分が好みのアートを提供しているサロンに勤務すると楽しく働けますね◎

スタッフと年齢が離れていると働きにくいことも

他のスタッフと年齢が離れていると、働きにくいと感じることがあります。

世代によって考え方や価値観は多少異なるため、20代の若い世代と40代以上の方が同じ感覚で話せるかといったら難しいですよね。

また、同僚に子育て世代・既婚者が少ないとライフスタイルに合わないこともあります。

子育てに対して理解がない職場だと、子どもの急病や学校行事で休んだ時に何となく嫌な視線を感じることもあるかもしれません。

個々のワークバランスを尊重してくれるサロンを選ぶのがネイリストとして活躍できる鍵になりそうです◎

40代でネイリストを目指す人が増えている?!40代からネイリストを目指すためのネイルスクール選びのポイント◎

ネイリストの年齢層ごとの働き方

「年齢を理由にネイリストとして働く道を諦めたくない!」という方も安心してください◎

ネイリストには年齢層ごとに向いている働き方があるたため、「しんどいな」と感じたら働き方を変えていくのも1つの手です。

今回は、20代・30代・40代以降の3つの年齢層に分けて、おすすめの働き方を解説します。

20代のネイリスト

20代のネイリストにおすすめな働き方はサロン勤務です。

ネイルスクール卒業後、いきなり独立や講師を目指すのはハードルが高いため、まずはサロン勤務でネイルの技術を磨くことをおすすめします。

実際に、ネイリストとしての第一歩としてサロン勤務を選ぶ方は多いです。

サロン側は技術育成のために若い世代を積極的に採用しているため、10代後半~20代であれば人気サロンへの就職も夢ではありません。

もちろんネイルに関する基本的な知識・技術はもちろん、ネイリスト検定やジェルネイル検定などの資格は持っていたほうが就職には有利でしょう。

20代のネイリストは若手なので、お客様の担当を任されることがほとんどです。

難しいことは考えず、日々お客様と向き合ってネイル技術や接客を学んでいきましょう。

30代のネイリスト

30代になると、サロン勤務でもマネージャーやオーナーなどの管理職を任せられることがあります。

ネイルの技術も上がり、責任のあるポジションを任せられるのが30代の特徴です。

30代からネイリストになった場合は、もちろん20代の若手と同じようにお客様の担当を任せられることになります。

また、30代になるとサロンを退職して独立や講師の道を選ぶ方も徐々に増え始めます。

30代というと結婚や出産などライフスタイルが大きく変化する方も多いため、家事や育児と両立しやすい働き方を模索してみてはいかがでしょうか。

家事や育児と両立しやすい働き方としては、自宅サロン開業や出張ネイリストなどがあります。

40代以上のネイリスト

40代になるとサロン勤務のネイリストは減り、独立や講師の道を選ぶ方が増えてきます。

子育てだけでなく、親の介護や自身の体力的な衰えなど新たな問題が出始めるのが40代です。

もちろんサロン勤務を続けるネイリストもいますが、先ほど解説したように年齢を重ねるとサロンワークはつらいと感じやすくなります。

若い世代とのジェネレーションギャップを感じ始める方もいるでしょう。

40代以降もサロン勤務を続けたい方は、中高年向けのサロンを選ぶ、もしくはアルバイトや時短勤務に変更するなど勤務形態を変えると働きやすいでしょう。

40代以上でネイリストになることも可能ですが、40代以上で就職先を探すのは難しいかもしれません。

40代以上でネイリストデビューをするなら、いきなり自宅開業に挑戦するのも選択肢の1つです。

開業サポートのあるネイルスクールを選べば開業の夢も近づきます◎

ネイルサロンの経験がないネイリストでも開業できる?経験がない初心者のネイリストが開業する方法をご紹介します!

長く働き続けたい方は福利厚生のあるネイルサロンで働く

サロンで長く働きたい方は、福利厚生のあるネイルサロンを選ぶことをおすすめします。

現在ネイリスト不足が叫ばれていることもあり、従業員が長く働けるように福利厚生を充実させているサロンが増えてきています。

福利厚生の充実度はサロンによって異なるものの、大手サロンの方が整っている傾向にあるようです。

正社員やアルバイトなど待遇によって違いはあるものの、ネイリストの手当や福利厚生には以下のようなものがあります。

  • 出産祝い金制度
  • 育児休暇
  • 育児手当
  • 託児所併設
  • 検定合格サポート
  • 独立・開業の支援制度
  • 指名手当・インセンティブ
  • 物販手当

 

出産・育児に関する福利厚生は特にチェックしておきたいところです◎

中には、検定試験の合格や独立・開業に向けて支援してくれるサロンもあります。

注目したいのは、指名料に応じて「指名手当」や「インセンティブ」が支給されるサロンです。

物販手当がつくサロンもあり、これらの手当てがあるとモチベーションがアップにも繋がりますね!

ネイリストは何歳からでもなれる!年齢に合った働き方を探そう

代々木駅から徒歩約1分のCin-Cia Nail Academyでは、さまざまな年代の方がネイルを学んでいます。

独立開業サポートが充実していて、40代から定年間近の方まで開業の夢を実現しています。

迷っている方はぜひ学校説明会に参加してみてください。

あなたの夢の扉が開けるかもしれません。

学校説明会では無料ネイル体験もありますよ。こちらから気軽に問い合わせてみてください。