主婦がネイリストになるには?子育て中ママの働き方や必要な資格・注意点を解説

子育て中の主婦でも、ネイリストになれるのか気になりませんか?

「ネイリストに憧れていたけれど、諦めて別の職種に就いてしまった」「主婦になってからネイルに興味を持った」など人それぞれ事情は違っても、ネイリストとして働きたいと思っている主婦の方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子育て中の主婦がネイリストになる方法や注意点を紹介していきます。

 

本記事の内容は、下記のYouTube動画でも解説しています。

ネイルスクールのプロ講師が「ネイリストになるためにやるべきこと」を3ステップ形式でわかりやすく解説していますので、ぜひコチラも併せてご視聴ください。

 

子育てしながら主婦がネイリストをすることは可能?

結論からいうと、子育て中の主婦がネイリストをすることは可能です。

その理由と注意点を解説していきます。

 

手に職をつければ主婦でも活躍できる

ネイリストに資格は必須ではないものの、資格を持っていたほうが就職に有利です。資格を取得する、つまり手に職をつければ主婦でも活躍できます◎

 

また、ネイリストにはさまざまな働き方があるため、子育てをしながらでも働くことができますよ。

例えば、独立して自分のお店を持てば、自分で時間調節ができるため子育てと両立しやすいでしょう。

 

サロン勤務の場合は、以下の3つのポイントが重要となります。

  • 勤務時間に融通が利くか
  • 子育てに理解のある職場か
  • 子どもを預けられる環境があるか

 

パートやアルバイトなどの時短勤務を選ぶ、子育てに理解のある職場を選ぶなど、しっかりと勤務先を選べば子育てとの両立は可能です。

保育園や実家など、子どもを預けられる環境があるかも重要なポイントとなります◎

これらの問題を解決でき、しっかりとスキルがあるなら子育て中の主婦でもネイリストとして活躍できます。

 

ネイル資格は忙しい主婦でも取得可能!サロン開業も叶う通信講座の魅力

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

シングルマザーでは難しい場合もある

子育て中の主婦でもネイリストになれますが、シングルマザーでは難しい場合もあります。

 

ネイリストは拘束時間が長かったり、営業後に練習があったりするため、家事や育児を1人でする方には難しいかもしれません。

また、駆け出しは給料が安い場合があり、生活面で不安になる方も多いと思います。

 

解決法としては、子育てママが多いサロンを見つければ子育てへの理解が深く、家事や育児と両立しやすいでしょう。

収入面に関しては、できる限り正社員として働くことをおすすめします。

 

30代からネイリストを目指す方法!主婦や社会人の未経験ネイリストが自宅ネイルサロン開業する方法を解説します◎

 

主婦でもネイリストになるためのおすすめの方法は?

主婦がネイリストになるためのおすすめの方法として、以下3つの手段があります。

  • ネイルスクールに通って学ぶ
  • ネイル通信講座を利用して自宅で学ぶ
  • ネイルスクール+通信講座を併用して学ぶ

 

ネイルスクールの最大の魅力は、プロの講師から直接指導が受けられる点です。

資格取得やサロン就職に向けた実践的なカリキュラムで構成されているため、未経験の主婦でも十分なスキルが身につきます。

ただし、ネイルスクールの場合10〜100万円の費用が必要です。
ローンや奨学金制度が利用できるスクールもありますが、ある程度まとまった資金を用意しなくてはなりません。

費用を最小限に抑えたい方は、ネイル通信講座を利用して自宅で学習するのもよいでしょう。

通信講座の場合、5〜30万円程度でネイルスクールと同等のスキルを磨くことも可能です。

動画視聴やテキストを使用してカリキュラムを進めるため、忙しい主婦でも自宅で効率よく学べます。

 

また、通信講座の中にはスクーリング授業のサポートを行っている場合もあります。

これらのサポート内容は各スクールによって異なるので、自分のライフスタイルにマッチする講座を選びましょう。

 

40代でネイリストを目指す人が急増?ネイルで成功する秘訣とスクール選びのポイント

通信講座でネイル資格を最短取得するには?勉強期間や効率の良いスケジュールを解説!

 

子育てママがネイリストになる前に注意しておきたいポイント

実際にネイリストとして働いてみたら「こんなはずではなかった!」と感じることがあります。

後悔しないように、子育てママがネイリストになる前に注意しておきたいポイント3つを紹介します。

 

家族の理解を得ているか

子育てをしながらネイリストを目指すなら、家族の理解や協力が必要不可欠です!

 

資格の取得や働きたては練習が必要なので、家族に協力してもらって練習時間を確保しなくてはいけません。

働き始めてからも、仕事をする時間はお客様への対応に集中できる環境づくりが必要です。家事を分担する、自分のことは自分でしてもらうなど、よく話し合って協力体制を築いておきましょう。

 

子どもが熱・病気の時にサポートしてもらえるか

子どもが熱・病気の時に、誰かにサポートしてもらえるかも確認しておきましょう。

 

配偶者や両親などに子どもを見てもらえるかを確認し、難しい場合は子どもを預けられる保育園や託児所を探します。

いずれも難しい場合は、遅刻・早退・欠勤を柔軟に対応してもらえるサロンを選ぶ必要があります。

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

就職先の福利厚生が整っているか

ネイルサロンによって福利厚生の充実度合いが異なるため、福利厚生が整っている就職先を選ぶことをおすすめします。

 

福利厚生には以下のようなものがあります。

  • ボーナス支給
  • 社会保険完備
  • 産休・育休制度
  • 家賃補助
  • 独立支援制度 など

 

これら以外にもサロン独自の福利厚生を用意している場合があります。

福利厚生は大手サロンのほうが充実している傾向にあり、個人サロンではない場合もあるため注意しましょう。

 

ネイリストは何歳まで働ける?年齢層や世代ごとの働き方とは

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

【子育て中】ネイリストの働き方とは?

ネイリストにはさまざまな働き方があります。

代表的な働き方4つを紹介していくので、自分にはどの働き方が合うのか考えてみてくださいね。

 

正社員として働く

安定した形で働きたいなら、ネイルサロンに就職して正社員として働くのが一番良いでしょう。

 

一家の大黒柱として働きたい方、シングルマザーの方には正社員がおすすめです。

正社員は長期的に働く人材として雇用されるため、キャリアアップを目指すことが可能で、さらに福利厚生を受けることもできます。

 

最初は先輩のヘルプから始まり、最終的には店長やエリアマネージャーなど管理職に就ける可能性もあります。

 

サロンワークとは?ネイリストの仕事内容と1日の流れ・スキルアップ方法を紹介◎

 

パートやアルバイトで働く

子どもを保育園などに預けている間に働きたい場合は、パートやアルバイトで働くことをおすすめします。

 

子どもの状況に合わせるように、勤務時間はあらかじめしっかりと決めておくといいでしょう

パートやアルバイトとして雇用していても、実際には正社員並みの長時間勤務を強いるネイルサロンもあるため注意が必要です。

 

業務委託で働く

ネイリストは、業務委託という形態で働くことも可能です。

 

業務委託とは、雇用関係を結ばずにネイルサロンから仕事を受け、報酬を受け取る働き方となります。

働き方や勤務時間は完全に自由なので、家事や育児と両立しやすいでしょう。

 

頑張り次第では高収入を目指すことも可能です!ただし、各種保険や税金の支払いはすべて自分で行う必要があります。

 

ネイルサロン開業に使える助成金・補助金はある?活用時の注意点や資金不足を解消する方法を解説◎

自宅ネイルサロンの運営の仕方を解説します◎自宅サロンの集客方法はどうするのが正解?価格設定や材料の仕入れ方まで詳しく解説

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

フリーランスで自宅開業や出張ネイリストをする

最後に紹介する働き方は、フリーランス(個人事業主)として自宅開業や出張ネイリストをする方法です。

 

自宅の一室を利用して自宅サロンを開けば、初期費用を抑えられるだけでなく、自分のライフスタイルに合わせて働きやすいでしょう。

お客様の予約をコントロールできるため、子どもの行事などには仕事を休むことも可能です◎

 

また、出張ネイリストとは、ネイルサロンやイベント、介護施設などに自ら出向いて施術を行う働き方です。

自分のお店を持つ必要がないため初期費用がかからず、仕事量や仕事時間を自由に調整できます。

 

フリーランスネイリストとは?正社員との違いや働き方・必要な資格を紹介!

 

子育て中の主婦がネイルを学ぶなら資格取得がおすすめ

ネイリストに資格は必須ではないものの、持っていたほうが就職に有利です。

フリーランスを目指す場合も、信頼につながるためぜひ取得を検討してみてください。

子育て中の主婦がネイルを学ぶなら、以下の3つの資格取得を検討してみると良いでしょう◎

 

JNECネイリスト技能検定(ネイル検定)

JNECネイリスト技能検定(ネイル検定)とは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が主催する検定です。

ネイリストとしての正しい技術・知識の向上を目的としており、1997年にスタートした歴史のある検定試験となります。

ネイルサロンに就職する場合は、「ネイル検定2級合格レベル」の技術を求められることが多いでしょう。

 

飛び級はできないため、3級から順番に受けていく必要があります。

 

【2023年11月】ネイリストになるには資格が必要?何年かかる?7つのルートと資格の種類を解説

 

JNAジェルネイル検定

ネイル検定と並んで有名なのは、NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)が主催するJNAジェルネイル検定です。

 

サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を目的としています。

ネイルサロンに就職する場合は、「ジェルネイル検定中級合格レベル」の技術を求められることが多いでしょう。

 

近年ネイルの主流はジェルネイルとなるため、ジェルネイル検定もぜひ取得していきましょう。

こちらの検定に関しても飛び級はできないため、初級から順番に受けていく必要があります。

 

ジェルネイル検定初級の合格ポイントは?試験概要と持ち物リストも紹介!

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

ネイルサロン衛生管理士

プロネイリストを目指すなら、ネイルサロン衛生管理士も取得しておくと良いかもしれません。

 

ネイルサロン衛生管理士は、NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が主催しており、JNAが制定した「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンの現場で正しく活用することを目的としています。

 

ネイリストの仕事はただきれいにネイルを施すだけではなく、安全面や衛生面にも配慮しながら施術をしなくてはいけません

そのためにはサロンの衛生管理が重要となります。特に開業を目指す場合、サロンの責任者として衛生管理の知識は必要不可欠です!

 

ネイルサロンは資格なしでも開業できる?未経験から独立する方法や知っておきたいポイントを紹介◎

 

主婦におすすめ!資格勉強・練習時間の見つけ方

自宅でネイルの勉強をする主婦

ネイリストを目指す主婦の多くが「練習時間を確保できない」という悩みを抱えているようです。

忙しい毎日の中で、資格時間・練習時間を確保する方法を3つ紹介します。

 

ゴールを設定する

資格時間・練習時間を確保するためには、「ネイル検定2級に合格する」などのゴールを設定するのがおすすめです。

 

明確なゴールを設定しなければ、延々と練習を続けることになります。

忙しい毎日の中で継続的に練習時間を確保するのは難しいため、先にゴールを設定して集中的に練習するとよいでしょう。

 

社会人が働きながらネイルスクールに通える?社会人におすすめの東京のネイルスクール選びのポイントと働きながらネイルスクールに通う方法◎

 

朝活を習慣にする

朝活を習慣にし、ネイルの勉強・練習に充てるのもおすすめの方法です。

 

資格取得のための勉強やスポーツなど、朝活をするビジネスマンや主婦が急増しています。

1日の始まりである朝に勉強すると、「頭に入りやすい」「やる気がでる」と感じる方も少なくありません。

 

何時間も早く起きるのは現実的ではないため、いつもより1時間程度早く起きて勉強・練習時間を確保してみましょう◎

 

スマホを勉強道具として活用する

スマートフォンを勉強道具として活用する方法もあります。

 

ネイリストを目指す方は、実践的な練習のみではなく専門用語を覚えなければなりません。

専門用語をGoogleスプレッドシートなどにまとめておき、家事や育児の空き時間に暗記してみてはいかがでしょうか。

 

空き時間を活用して、スマートフォンで動画教材を閲覧してもよいでしょう。

スマートフォンを勉強道具として活用する場合は、eラーニングがあるネイルスクールを選択することをおすすめします。

eラーニングは要点がまとまっているため、YouTubeよりも効率よく学習できます。

 

JNA認定校シンシアネイルアカデミーのネイル資格・通信講座の特徴は?自宅でネイリストを目指す◎

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

子育てママがネイルスクールを活用するメリット

ネイルを学ぶ方法は、主に「ネイルスクール」「通信講座」「独学」の3つです。

子育てママがネイルを学ぶなら、ネイルスクールに入学することをおすすめします。子育てママがネイルスクールを活用するメリットを4つ紹介します。

 

自分のライフスタイルに合わせて授業が受けられる

ネイルスクールのメリット1つ目は、自分のライフスタイルに合わせて授業が受けられる点です。

 

一般的にスクールというと、時間割が固定されていて自由がきかないイメージがあると思います。

しかし、授業時間を選べる「フリータイム制」を導入しているスクールが多いのです。

 

「午前中」「午後」「夜間」など自分の都合の良い時間に通学できるため、そのようなスクールを選べば家事や育児との両立も十分に可能でしょう◎

 

短時間でネイルの技術や知識を身につけられる

ネイルスクールのメリット2つ目は、短時間でネイルの技術や知識を身につけられる点です。

 

ライフスタイルに合わせて勉強ができるという点では、独学や通信講座の方が通いやすいかもしれません。しかし、独学や通信講座では間違ったやり方が身についてしまう可能性があります。

ネイルスクールなら直接講師の指導を受けられるため、正しい技術や知識を短期間で取得できますよ。

 

資格の合格保証や就職サポートが整っている

ネイルスクールのメリット3つ目は、資格の合格保証や就職サポートが整っている点です。

合格保証とは、検定試験に合格するまで無料でサポートが受けられる制度となります。

 

就職サポートには以下のようなものがあります。

  • 就職に関するアドバイス
  • 就職先の紹介
  • 履歴書の書き方を指導
  • 面接の練習
  • 面接時に提出する作品の添削 など

 

独学や通信講座ではこのような就職サポートは受けられず、すべて自力で乗り越えなくてはいけません。

サロン就職を目指すなら、就職サポートが手厚いネイルスクールを選ぶと良いでしょう。

 

▶︎【フリータイム受講が可能で主婦の方でもおすすめ】シンシアネイルスクールの見学はこちらから

 

自宅サロンを開業する時に相談できる

ネイルスクールのメリット4つ目は、自宅サロンを開業する時に相談できる点です。

ネイルスクールでは、開業したい方向けの開業サポートを用意しています。

 

開業サポートには以下のようなものがあります。

  • サロンコンセプトを決める
  • 集客テクニックを伝授
  • 接客技術を指導
  • ネイルアートのサンプルの作り方を指導
  • 開業時の道具を格安で購入できる など

 

独立開業を考えている方にとっては心強いですよね◎

 

初心者はどんなネイルスクールがおすすめ?自分に合ったコースや教室の選び方

 

主婦ネイリストに関するよくある質問

よくある質問

最後に、主婦ネイリストに関するよくある質問に回答していきます。

ネイリストを目指す主婦の方はぜひ参考にしてください。

 

35歳以上の主婦でもネイリストになれる?

ネイリストに定年はないため、35歳以上の主婦でもネイリストになれます

実際にネイリストになった方は多くいるため、年齢を気にする必要はありません。

 

絵が下手な主婦がネイリストになるにはどうしたらいい?

絵の上手・下手に関わらず、ネイリストになるためにはくり返し練習する必要があります。

ネイルアートはある程度パターンが決まっているため、絵心とネイリストは関係ありません。

 

絵が下手な方も気にせずにひたすら練習をくり返しましょう。

 

主婦ネイリストのパート(アルバイト)時給はいくら?

主婦ネイリストのパート(アルバイト)の時給は1,000~1,500円程度です。

時給は地域によっても異なり、大都市部は時給が高く、地方は時給が低い傾向にあります。

 

40代でネイリストを目指す人が増えている?!40代からネイリストを目指すためのネイルスクール選びのポイント◎

 

子育てしながらネイルを身につけたい人はシンシアネイルスクールで◎

ネイリストはライフスタイルに合わせて働くことができる職業なので、働き方を工夫すれば家事や子育てとの両立も可能です。

子育て中の主婦がネイリストとして働くためには、ネイルの知識・技術を身につける必要があります。

代々木駅から徒歩約1分のシンシアネイルアカデミーでは、フリータイム制を採用しているので、子育て中でも安心して通えますよ◎

ネイルスクールで確かな技術と知識を身につけ、プロネイリストを目指してみませんか?

 

JNA認定校シンシアネイルアカデミーのネイル資格・通信講座の特徴は?自宅でネイリストを目指す◎

【体験談】渋谷区の安いネイルスクール5選!口コミや選ぶ際のポイントを解説

スクール見学のお申し込みはこちら

    スクール見学申込 来校オンライン
    お名前
    メールアドレス
    お電話番号
    ネイルスクールでの目標
    当校を知ったきっかけ
    見学希望日 第一希望
    日付
    時間帯
    見学希望日 第二希望
    日付
    時間帯
    ご質問